MENU(サイトマップ)|アップブロ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
769view

Googleにインデックス登録(クロール依頼)するには?

Googleにインデックス登録(クロール依頼)するには?|アップブロ
ユーザーから検索されるには、自分のサイトやブログのページを、Googleにインデックス登録する必要があります。

逆に言うと、Googleにインデックス登録されていなければ、検索結果に表示されることはなく、ユーザーから検索されないということになります。

既にGoogleにインデックス登録されている他のサイトやブログから、自分のサイトやブログへ外部リンク(自然リンク)してもらうことで、インデックス登録されるようになりますが、出来たばかりの新規サイトやブログが、直ぐに外部リンク(自然リンク)されることはないため、自分でインデックス登録することが必要になります。

今回は、Googleに自分のサイトやブログのページをインデックス登録する方法について説明します。

Googleに自分のサイトやブログのページをインデックスする方法は、大きく以下の2通りがあります。


「Fetch as Google」によるインデックス登録


「Search Console」→「クロール」→「Fetch as Google」から、Googleに対してインデックス登録を行うことができます。

具体的には、「Fetch as Google」からインデックス登録したいURLを入力し、[取得]をクリックし、取得が成功すると、[インデックスに送信]というボタンが表示されます。

次に、[インデックスに送信]をクリックし、以下のいずれかの送信方法(インデック登録方法)を選択します。

●「このURLのみをクロールする」を選択する場合
指定したURLのみをクロールし、インデックス登録します。
※この場合は、月間割り当て500件までインデックス登録することができます。

●「このURLと直接リンクをクロールする」を選択する場合
指定したURLと、そのページから直接リンクされているURLをクロールし、インデックス登録します。
※この場合は、月間割り当て10件までインデックス登録することができます。

上記のいずれかを選択後、[送信]をクリックすると、ほぼリアルタイムにGoogleにインデックス登録されます。


サイトマップ(sitemap.xml)の送信


自分のサイトやブログのサイトマップ(sitemap.xml)をGoogleに送信することにより、インデックス登録を行うことができます。

(1)自分のサイトやブログのページをGoogleに伝えるためのサイトマップ(sitemap.xml)を作成します。

[sitemap.xmlの例]
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9" xmlns:xhtml="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<url>
<loc>http://upblo.com/</loc>
<lastmod>2016-10-22</lastmod>
<priority>1.0</priority>
</url>
<url>
<loc>http://upblo.com/contents/?id=10026</loc>
<lastmod>2016-10-22</lastmod>
<priority>0.8</priority>
</url>
</urlset>

上記の<url>~</url>の間にインデック登録したい(クロールして欲しい)URLに関する情報を記載します。(上記の例では当サイトのトップページと当記事のサイトマップの例を示してします。)

●<loc>~</loc>
URLを記載します。(必須)

●<lastmod>~</lastmod>
URLの更新日を YYYY-MM-DD の形式で記載します。(任意)

●<priority>~</priority>
URLのプライオリティを0.0~1.0の範囲で記載します。(任意)
通常は、トップページを1.0、第一階層のページを0.8、第二階層のページを0.5にすることが多いです。

(2)作成したサイトマップ(sitemap.xml)を自分のサイトやブログの任意のディレクトリに置きます。(通常は、カレントディレクトリに置きます。)

(3)作成したサイトマップ(sitemap.xml)を、「Search Console」→「クロール」→「サイトマップ」から指定し、Googleに対して送信することにより、インデックス登録することができます。


「Fetch as Google」と「サイトマップ(sitemap.xml)」


「Fetch as Google」と「サイトマップ(sitemap.xml)」は、検索エンジンに対してインデック登録(クロール)を依頼するという意味では違いはありませんが、「Fetch as Google」は、ほぼリアルタイムにインデック登録(クロール)が行われることに対して、「サイトマップ(sitemap.xml)」は定期的なクロール(インデック登録)が行われるという点では違いがあるため、確実にインデック登録(クロール)したい場合は、通常は双方を併用することをおすすめします。

●「Fetch as Google」
⇒直ぐにインデック登録(クロール)したい場合に使用

●「サイトマップ(sitemap.xml)」
⇒定期的にクロール(インデック登録)して欲しい場合に使用

※筆者は、新しい記事を公開したときは、まずは、「Fetch as Google」でインデック登録(クロール)し、「サイトマップ(sitemap.xml)」の送信の両方を必ず行うようにしています。
■最新記事
seo対策,副業,ブログ,稼ぐ
副業としてブログで稼ぐのは難しい!
ブログで稼ぐとはどういうことかについて簡単に説明します。単に、ブログを書いて公開するだけでは稼ぐことができません。ブログで稼ぐには、ブログに広告を掲載し、その広告がクリックされたり、その広告から商品が買われた場合の報酬によって初めて稼ぐことができます。 <その他> 425view
seo対策,アナリティクス,アクセス,無い,確認方法
Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法!
アクセスが無い記事を削除したり、リライトすることは、SEOとしても効果があることは以前述べました。ここでいうところのアクセス数無い記事とは、Googleなどの検索エンジンからの流入が無い記事のことを指します。今回は、Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法をご紹介します。 <Analytics> 367view
seo対策,ブログ,不労所得
ブログは不労所得になるのか?
筆者はこのブログをはじめ、複数のサイトやブログを運営しており、運営しているサイトやブログには全てGoogleアドセンスの広告を掲載しています。よく、ブログは当たると不労所得になると言われていますが、果たして本当なのでしょうか?今回は、ブログの不労所得について筆者の意見を述べます。 <その他> 303view
seo対策,blogger,メリット,デメリット
「Blogger」でブログを開設するメリットとデメリット
筆者は、複数のサイトやブログを運営していますが、その全ては独自ドメインでレンタルサーバーで運営しています。その理由は、全て自分で作った方がきめ細かいサイトやブログを作ることができるためです。そこで、今回、Googleが提供している無料ブログサービスである「Blogger」を初めて使ってみました。 <その他> 559view
seo対策,AMP化,状況
AMP化の状況について
今年、最初の記事(SEOの動向!2017年はAMP化が加速!)で、2017年はAMP化が加速するという内容の記事を書きましたが、今年も4ヶ月目に入ったということもあり、現状のAMP化の状況を筆者なりに述べたいと思います。 <SEO><WEB> 282view
seo対策,アナリティクス,リアルタイム解析
アナリティクスのリアルタイム解析について
Googleアナリティクスの「リアルタイム解析」は、その名の通り、アクセスされたページをリアルタイムに、つまり、即座に解析してくれる機能で、現在、どのくらいの人がアクセスしているかなどを解析してくれます。 <Analytics> 194view
seo対策,コンテンツ量,増やし方
「コンテンツ量」を増やすには?
「コンテンツ量」を増やしていかないと、今以上のアクセス数を増やすことは難しくなっていきます。そのため、「コンテンツ量」を増やし、検索の範囲を広げ、アクセス数アップを図ることが重要になってきます。「コンテンツ量」の増やし方には大きくは「ページ数を増やす」という方法と、「記事の内容を増やす」という2つの方法があります。 <SEO> 381view
■おすすめコンテンツ
■ご意見・ご感想について
アップブロ|HOMEへ アップブロ|ページ先頭へ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
当サイトが皆様のサイト/ブログ運営において少しでもお役に立てればと考えております。
ProfileTermsPrivacyContact