MENU(サイトマップ)|アップブロ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
2016/12/17
268view

404ページ(Not Found)の作成と設置方法

404ページ(Not Found)の作成と設置方法|アップブロ
皆さんは、自分のサイトやブログに個別に404ページを設置しているでしょうか?

404ページは個別に設置しなくても特に問題はありませんが、ユーザーの利便性を考慮すると、個別に404ページを設置しているサイトやブログも多くあります。

今回は、404ページの作成と設置方法について説明します。


404ページとは?


404(Not Found)ページとは、ユーザーが存在しないページにアクセスした際に、ユーザーに存在しないページである旨を伝えるためのページです。

404ページを個別に設置しない場合は、通常は以下のようなエラーメッセージが表示されます。
404エラー



404ページが表示されるケース


404ページがユーザーに表示されるケースは、大きくは以下の2パターンがあります。

●ユーザーがURLを間違えた場合
ユーザーがURLを間違えて入力し、存在しないページにアクセスした際に404ページが表示されます。

●リンク切れの場合
ユーザーが見ている他のページからリンクが貼られており、そのリンクをクリックしたが、そのリンク先がリンク切れとなっている場合(リンク先のページが存在しない)に、404ページが表示されます。


404ページを個別に設置する目的は?


404ページを個別に設置する目的は、ユーザーに存在しないページである旨を分かりやすく伝え、ユーザーの利便性を高めることが主な目的となります。

また、Googleも有益な404ページを作成することを推奨しています。

※詳細は下記をご覧ください。

https://support.google.com/webmasters/answer/93641?hl=ja


404ページの作成方法


404ページの作成は、通常のhtmlと同様に作成すれば良く、404ページに特別な仕様はありませんが、以下を注意する必要があります。

●ユーザーの利便性を考慮したページにする。
TOPページに誘導するなど、404ページは、あくまでもユーザーの利便性を考慮したページにする必要があります。

●404ページがインデックス登録されないようにする。
404ページそのものがインデックス登録されても意味がないため、metaにnoindexを指定するなど、404ページそのものがインデックス登録されないようにする必要があります。

ちなみに、当ブログの404ページは以下のような感じとなっています。

アップブロの404エラーページ


※当ブログの実際の404ページはこちらから確認できます。


404ページの設置方法


404ページを作成したら、404ページのhtmlをサーバーにアップロードします。

※通常はドメインに対するカレントディレクトリにアップロード(配置)します。

次に、.htaccessに以下のように、404エラーとなった場合に表示させる404ページを設定します。

[htaccessの設定内容]
ErrorDocument 404 /404.html

※上記の例では、404エラーの際に、404.htmlを表示する例となります。

以上で、404ページの設置が完了します。

また、自分のドメインで存在しないページを指定しアクセスし、設置した404ページが表示されることを確認してみてください。


404エラーの際にトップページに飛ばす


ご参考までに、404エラーの際にトップトップページに飛ばす方法もご紹介します。

先程と同じく.htaccessに以下のように、404エラーとなった場合に表示させるURLを設定します。

[htaccessの設定内容]
ErrorDocument 404 http://upblo.com

※上記の例では、404エラーの際に、当ブログのトップページを表示する例となります。


404ページへの広告表示


テンプレートなどを使用して404ページを表示させようとした場合、404ページにもGoogleアドセンスの広告が表示されてしまう場合があるかと思いますが、Googleアドセンスのポリシーでは、コンテンツの無いページへの広告表示は禁止されているため、404ページには広告表示は行わない方が賢明となります。


最後に


404ページの作成と設置方法について説明しましたが、SEO内部対策の観点からも、ユーザーの利便性を考慮し、有益な404ページを設置することをおすすめします。

もし、まだ404ページを設置していない場合は、設置することをおすすめします!
■最新記事
seo対策,副業,ブログ,稼ぐ
副業としてブログで稼ぐのは難しい!
ブログで稼ぐとはどういうことかについて簡単に説明します。単に、ブログを書いて公開するだけでは稼ぐことができません。ブログで稼ぐには、ブログに広告を掲載し、その広告がクリックされたり、その広告から商品が買われた場合の報酬によって初めて稼ぐことができます。 <その他> 170view
seo対策,アナリティクス,アクセス,無い,確認方法
Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法!
アクセスが無い記事を削除したり、リライトすることは、SEOとしても効果があることは以前述べました。ここでいうところのアクセス数無い記事とは、Googleなどの検索エンジンからの流入が無い記事のことを指します。今回は、Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法をご紹介します。 <Analytics> 155view
seo対策,ブログ,不労所得
ブログは不労所得になるのか?
筆者はこのブログをはじめ、複数のサイトやブログを運営しており、運営しているサイトやブログには全てGoogleアドセンスの広告を掲載しています。よく、ブログは当たると不労所得になると言われていますが、果たして本当なのでしょうか?今回は、ブログの不労所得について筆者の意見を述べます。 <その他> 125view
seo対策,blogger,メリット,デメリット
「Blogger」でブログを開設するメリットとデメリット
筆者は、複数のサイトやブログを運営していますが、その全ては独自ドメインでレンタルサーバーで運営しています。その理由は、全て自分で作った方がきめ細かいサイトやブログを作ることができるためです。そこで、今回、Googleが提供している無料ブログサービスである「Blogger」を初めて使ってみました。 <その他> 223view
seo対策,AMP化,状況
AMP化の状況について
今年、最初の記事(SEOの動向!2017年はAMP化が加速!)で、2017年はAMP化が加速するという内容の記事を書きましたが、今年も4ヶ月目に入ったということもあり、現状のAMP化の状況を筆者なりに述べたいと思います。 <SEO><WEB> 151view
seo対策,アナリティクス,リアルタイム解析
アナリティクスのリアルタイム解析について
Googleアナリティクスの「リアルタイム解析」は、その名の通り、アクセスされたページをリアルタイムに、つまり、即座に解析してくれる機能で、現在、どのくらいの人がアクセスしているかなどを解析してくれます。 <Analytics> 95view
seo対策,コンテンツ量,増やし方
「コンテンツ量」を増やすには?
「コンテンツ量」を増やしていかないと、今以上のアクセス数を増やすことは難しくなっていきます。そのため、「コンテンツ量」を増やし、検索の範囲を広げ、アクセス数アップを図ることが重要になってきます。「コンテンツ量」の増やし方には大きくは「ページ数を増やす」という方法と、「記事の内容を増やす」という2つの方法があります。 <SEO> 190view
■おすすめコンテンツ
■ご意見・ご感想について
アップブロ|HOMEへ アップブロ|ページ先頭へ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
当サイトが皆様のサイト/ブログ運営において少しでもお役に立てればと考えております。
ProfileTermsPrivacyContact