MENU(サイトマップ)|アップブロ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
163view

キーワードの選び方

キーワードの選び方|アップブロ
皆さんは、記事を書く際に、書く記事のテーマを決めてから記事を書くと思いますが、記事に対するキーワードの選び方は以下のどちらでしょうか?

・キーワードを選んでから記事を書く
・記事を書いてからキーワードを選ぶ

どちらも間違えではありませんが、SEO対策として、書いた記事に対して、どのような検索キーワードで上位表示させたいか?つまり、どのような検索キーワードでユーザーから検索して欲しいか?を選ぶ必要があり、キーワードの選び方は非常に重要となります。

また、キーワードの選び方によっては、アクセス数に大きく影響を与えるため、慎重に選ぶ必要があります。

逆に言うと、キーワードの選び方でSEO対策の半分は決まると言っても過言ではないです。

まずは、キーワードを選んでから記事を書く場合と、記事を書いてからキーワードを選ぶ場合の利点と欠点(注意点)について述べます。


キーワードを選んでから記事を書く


キーワードを選んでから記事を書く場合は、キーワードを予め選んでるということもあり、書く記事の内容が一貫しており、記事内容がブレないという利点があります。

ただし、この場合は、キーワードを予め選んでいるということもあり、どうしても過度に選んだキーワードを使用してしまい、記事の文章が不自然になりがちのため、キーワードを選んでから記事を書く場合は、キーワードの使い方や、使用頻度に注意が必要です。


記事を書いてからキーワードを選ぶ


記事を書いてからキーワードを選ぶ場合は、キーワードを予め選んでいないということもあり、自然な文章で記事を書くことができるという利点があります。

ただし、この場合は、記事の内容が一貫していれば問題ありませんが、記事の内容が一貫していない場合はキーワードを選びづらいという欠点もあります。

※キーワードを自分で選びづらい場合は、Googleのキーワードプランナーなどでキーワードの候補を抽出することもできます。


キーワードの選び方


ここからキーワードの選び方の本題ですが、記事のテーマ、つまり、どのような記事を書くか?が決まっていない場合は記事は書けないため、何かしらの第1キーワード(ビッグキーワード)は自然と決まるかと思います。

そこで、キーワードを選ぶ際に重要になるのは、第2キーワード以降のキーワードとなります。

例えば、ダイエットに関する記事を書く場合は、「ダイエット」などのビッグキーワードだけではなく、下図のように、「ユーザーが求めていると思われるキーワードのブレークダウン、および、絞り込み」を行い、キーワードを選んだ方が、より検索結果に上位表示され、ユーザーに検索されやすくなります。

キーワードのブレークダウンおよび絞り込み

※上図の例では下記のようなキーワードにブレークダウンおよび絞り込みを行う。
・「ダイエット」+「食事」+「制限」
・「ダイエット」+「食事」+「メニュー」
・「ダイエット」+「食事」+「レシピ」


特に、ライバルの多い記事のテーマやジャンルによっては、第3キーワードまででも多くの検索結果が表示されるため、第3キーワード+αのキーワードまで選ぶことをお勧めします。

また、Googleの検索ボックスに表示される検索候補には出てこないようなお宝キーワードも考えれば存在するため、メジャーなキーワードに固執せずに、独自のキーワードを選ぶこともお勧めします。


キーワードを選んだら記事の見直し!


キーワードを選んだら、記事を公開する前に、誤字脱字はもちろんですが、以下の観点で書いた記事の見直しを行うことが重要です。

・記事内容が選んだキーワードの内容になっているか?
・選んだキーワードを過度に使用していないか?(過度に使用している場合、ペナルティになる場合があります。)
・選んだキーワードは自然な文章として使用されているか?


ご参考


ちなみに、筆者のキーワードの選び方は、書く記事により違いますが、どちらかというと、キーワードを選んでから記事を書くことの方が多いです。
■最新記事
seo対策,副業,ブログ,稼ぐ
副業としてブログで稼ぐのは難しい!
ブログで稼ぐとはどういうことかについて簡単に説明します。単に、ブログを書いて公開するだけでは稼ぐことができません。ブログで稼ぐには、ブログに広告を掲載し、その広告がクリックされたり、その広告から商品が買われた場合の報酬によって初めて稼ぐことができます。 <その他> 296view
seo対策,アナリティクス,アクセス,無い,確認方法
Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法!
アクセスが無い記事を削除したり、リライトすることは、SEOとしても効果があることは以前述べました。ここでいうところのアクセス数無い記事とは、Googleなどの検索エンジンからの流入が無い記事のことを指します。今回は、Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法をご紹介します。 <Analytics> 252view
seo対策,ブログ,不労所得
ブログは不労所得になるのか?
筆者はこのブログをはじめ、複数のサイトやブログを運営しており、運営しているサイトやブログには全てGoogleアドセンスの広告を掲載しています。よく、ブログは当たると不労所得になると言われていますが、果たして本当なのでしょうか?今回は、ブログの不労所得について筆者の意見を述べます。 <その他> 205view
seo対策,blogger,メリット,デメリット
「Blogger」でブログを開設するメリットとデメリット
筆者は、複数のサイトやブログを運営していますが、その全ては独自ドメインでレンタルサーバーで運営しています。その理由は、全て自分で作った方がきめ細かいサイトやブログを作ることができるためです。そこで、今回、Googleが提供している無料ブログサービスである「Blogger」を初めて使ってみました。 <その他> 387view
seo対策,AMP化,状況
AMP化の状況について
今年、最初の記事(SEOの動向!2017年はAMP化が加速!)で、2017年はAMP化が加速するという内容の記事を書きましたが、今年も4ヶ月目に入ったということもあり、現状のAMP化の状況を筆者なりに述べたいと思います。 <SEO><WEB> 226view
seo対策,アナリティクス,リアルタイム解析
アナリティクスのリアルタイム解析について
Googleアナリティクスの「リアルタイム解析」は、その名の通り、アクセスされたページをリアルタイムに、つまり、即座に解析してくれる機能で、現在、どのくらいの人がアクセスしているかなどを解析してくれます。 <Analytics> 144view
seo対策,コンテンツ量,増やし方
「コンテンツ量」を増やすには?
「コンテンツ量」を増やしていかないと、今以上のアクセス数を増やすことは難しくなっていきます。そのため、「コンテンツ量」を増やし、検索の範囲を広げ、アクセス数アップを図ることが重要になってきます。「コンテンツ量」の増やし方には大きくは「ページ数を増やす」という方法と、「記事の内容を増やす」という2つの方法があります。 <SEO> 283view
■おすすめコンテンツ
■ご意見・ご感想について
アップブロ|HOMEへ アップブロ|ページ先頭へ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
当サイトが皆様のサイト/ブログ運営において少しでもお役に立てればと考えております。
ProfileTermsPrivacyContact