MENU(サイトマップ)|アップブロ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
2016/07/10
233view

「自然リンク」と「不自然リンク」

「自然リンク」と「不自然リンク」|アップブロ
今回は、SEO対策における「自然リンク」と「不自然リンク」について説明します。

SEO対策において、運営するサイトやブログに対する被リンク数については、様々な意見や見解がありますが、筆者は、現在では昔に比べて被リンク数は重要ではないと考えています。

特に、単なる被リンク数という数については重要ではないと考えていますが、その被リンクがどのようにして発生した被リンクなのかは重要であると考えています。

自分のサイトやブログへの被リンクの発生の仕方には、大きく「自然リンク」と「不自然リンク」の二つがあります。

以下に、「自然リンク」と「不自然リンク」について説明します。


「自然リンク」とは?


「自然リンク」はサイトやブログのページ数などのコンテンツ量や、アクセス数に比例して自然に発生した被リンクのことです。

そのため、サイトやブログでそれなりに「良質なコンテンツ」をユーザーに提供し、普通に運用していれば、「自然リンク」は自然と集まります。


「不自然リンク」とは?


当たり前ですが、「不自然リンク」は「自然リンク」とは逆に、不自然に発生した被リンクのことです。

以下に代表的な「不自然リンク」の例を挙げます。

[不自然リンクの例]
●開設して日が浅いサイトやブログに対するリンク
→通常は、開設して間もないサイトやブログに対して被リンクが付くことはないため、開設して間もないサイトやブログに対する被リンクは「不自然リンク」とみなされる場合があります。

●アクセス数の少ないサイトやブログに対するリンク
→上記と同じように、アクセス数の少ないサイトやブログ、つまり、開設して間もないサイトやブログ、コンテンツ量の少ないサイトやブログに対して被リンクが付くことはないため、アクセス数の少ないサイトやブログに対する被リンクは「不自然リンク」とみなされる場合があります。

●ジャンルの違うサイトやブログからのリンク
→サイトやブログのジャンルやテーマにもよりますが、ジャンルの違うサイトやブログからのリンクも「不自然リンク」とみなされる場合があります。

●隠しリンク
→隠しリンクとは、リンクを人の目に見えないように、リンク文字を背景色と同じにしたり、cssでリンク文字のフォントサイズを0にしたりするリンクのことで、隠しリンクからのリンクも「不自然リンク」とみなされる場合があります。

●低質なサイトやブログからのリンク
→低質なサイトやブログからのリンクも「不自然リンク」とみなされる場合があります。

いずれにせよ、上記のような「不自然リンク」が張られること、特に、大量に張られることは自然ではないため、自作自演の被リンク、または、外部から故意に張られた被リンクとなります。


Googleの評価は?


Googleは上記で述べた、「自然リンク」と「不自然リンク」を見分けるアルゴリズムを持っており、「自然リンク」と「不自然リンク」はGoogleの評価基準になっています。(よく言われる「ペンギンアップデート」の評価基準の一つとなっています。)

もちろんですが、Googleは「自然リンク」はある程度は評価するとは思いますが、「不自然リンク」については、ペナルティになってしまい、今日までは上位表示していたページが翌日からは圏外に飛ばされてしまうということも多々あります。

また、「不自然リンク」の一種で、SEO業者などからの「不自然リンク」も見分けるデータやアルゴリズムもGoogleは持っているため、お金を払ってSEO対策として、被リンクを集めたとしても、一時的には上位表示されるかもしれませんが、いずれ「不自然リンク」とみなされ、ペナルティを受ける可能性が高いです。

また、リンクプログラムへの参加も「不自然リンク」とみなされる場合があるため、リンクプログラムなどへ参加することはお勧めできません。


自分のサイトやブログへの被リンクの確認方法


自分のサイトやブログへの被リンクを確認するには、「Google Search Console 」の「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」から、被リンクを確認することができます。

自分のサイトやブログへの被リンクを確認し、もし大量の不自然な被リンクがある場合は、Googleが評価する際に、特定のリンクを拒否、つまり、Googleの評価対象から外す設定ができますので、「不自然リンク」を大量に張られて困っている場合は、試してみることも必要ですが、「不自然リンク」か否かの判断は慎重に行う必要があります。

*詳細は「Search Consoleヘルプ」の「バックリンクを否認する」を参照下さい。


SEO対策としての被リンク


SEO対策として被リンク数を増やすには、何度も言っていますが、「良質なコンテンツ」をユーザーに提供し、「自然リンク」を集めることが何よりのSEO対策となります。
■最新記事
seo対策,副業,ブログ,稼ぐ
副業としてブログで稼ぐのは難しい!
ブログで稼ぐとはどういうことかについて簡単に説明します。単に、ブログを書いて公開するだけでは稼ぐことができません。ブログで稼ぐには、ブログに広告を掲載し、その広告がクリックされたり、その広告から商品が買われた場合の報酬によって初めて稼ぐことができます。 <その他> 68view
seo対策,アナリティクス,アクセス,無い,確認方法
Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法!
アクセスが無い記事を削除したり、リライトすることは、SEOとしても効果があることは以前述べました。ここでいうところのアクセス数無い記事とは、Googleなどの検索エンジンからの流入が無い記事のことを指します。今回は、Googleアナリティクスでアクセスが無い記事を確認する方法をご紹介します。 <Analytics> 65view
seo対策,ブログ,不労所得
ブログは不労所得になるのか?
筆者はこのブログをはじめ、複数のサイトやブログを運営しており、運営しているサイトやブログには全てGoogleアドセンスの広告を掲載しています。よく、ブログは当たると不労所得になると言われていますが、果たして本当なのでしょうか?今回は、ブログの不労所得について筆者の意見を述べます。 <その他> 64view
seo対策,blogger,メリット,デメリット
「Blogger」でブログを開設するメリットとデメリット
筆者は、複数のサイトやブログを運営していますが、その全ては独自ドメインでレンタルサーバーで運営しています。その理由は、全て自分で作った方がきめ細かいサイトやブログを作ることができるためです。そこで、今回、Googleが提供している無料ブログサービスである「Blogger」を初めて使ってみました。 <その他> 75view
seo対策,AMP化,状況
AMP化の状況について
今年、最初の記事(SEOの動向!2017年はAMP化が加速!)で、2017年はAMP化が加速するという内容の記事を書きましたが、今年も4ヶ月目に入ったということもあり、現状のAMP化の状況を筆者なりに述べたいと思います。 <SEO><WEB> 94view
seo対策,アナリティクス,リアルタイム解析
アナリティクスのリアルタイム解析について
Googleアナリティクスの「リアルタイム解析」は、その名の通り、アクセスされたページをリアルタイムに、つまり、即座に解析してくれる機能で、現在、どのくらいの人がアクセスしているかなどを解析してくれます。 <Analytics> 57view
seo対策,コンテンツ量,増やし方
「コンテンツ量」を増やすには?
「コンテンツ量」を増やしていかないと、今以上のアクセス数を増やすことは難しくなっていきます。そのため、「コンテンツ量」を増やし、検索の範囲を広げ、アクセス数アップを図ることが重要になってきます。「コンテンツ量」の増やし方には大きくは「ページ数を増やす」という方法と、「記事の内容を増やす」という2つの方法があります。 <SEO> 118view
■おすすめコンテンツ
■ご意見・ご感想について
アップブロ|HOMEへ アップブロ|ページ先頭へ
アップブロでは「SEO」、「WEB」に関する様々な情報をお届けします。
当サイトが皆様のサイト/ブログ運営において少しでもお役に立てればと考えております。
ProfileTermsPrivacyContact